歯の美白って何をするの?

いくつになっても歯は命

>

虫歯になったら歯医者に行くという考えはもう古い

徹底的に歯をきれいにするということは

歯をきれいにするということは、ただガシガシと歯を磨くということではありません。
むしろそれでは歯のエナメル質を傷つけてしまいます。エナメル質を傷つければ、歯を守っている組織が少なくなり、かえって虫歯になりやすくなりますし、知覚過敏などの虫歯以外の症状で悩むことになります。
さらに大事なことは、歯ブラシの硬さです。歯周病などで歯茎が弱っている人と、健康な歯茎の人が同じ硬さの歯ブラシを使うことは歯科医院ではまずお勧めしません。歯ブラシが硬ければ硬いほど、力加減や歯茎の状態によっては傷つけるリスクが高いからです。
これは腕の力が強いか弱いかということにも関係してきます。子供用歯ブラシが普通から硬めが多いのは、子供の手の力が弱いからということも理由の一つだと思います。

いつまでも自分の歯で食べられるようにする

いつまでも自分の歯でものを美味しく食べられるようにするためには、正しい歯磨きの方法を身につけることです。
まずは自分の歯の状態を知り、普段の歯磨きの様子をプロの視点から見てもらうことが大切です。自分の歯がどのような状態なのかは歯科医師でないと分かりません。歯茎の状態を詳しく説明してくれるのは主に歯科衛生士になります。歯科衛生士は歯科衛生のスペシャリストです。最近のカリキュラムでは、麻酔を打てるように勉強できるように変更されているようです。ということは、今まで以上に専門知識が増えるということになります。それだけの専門知識をもっている歯科衛生士のアドバイスは聞くべきだと思います。
最近の入れ歯はかなり自分の歯に近いものも作れるとはいえ、やはり自分の歯にはかないません。人間の三大欲求の一つである食欲をいつまでも失わずに健康な毎日をお過ごしください。


TOPへ戻る