歯の美白って何をするの?

いくつになっても歯は命

>

本格的に治療ではなくて、プロに歯磨きをしてもらう感覚で

PMTCとは何か

PMTCとは、プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニングの略称で、歯科衛生士による機械的清掃のことを指します。
一般的には予防歯科プログラムの一環として考えられています。歯を白くする目的と、歯の汚れを徹底的に落とし虫歯の発生を防ぐ目的があります。
手順としては、まずは歯の状態をチェックします。具体的には染め出し液を使い、磨き残しがあるピンクの色の濃い部分からきれいに磨いていきます。その後はフッ素が含まれた研磨ペーストやジェルを、歯と歯の隙間や歯と歯茎の間に注入します。その後は回転式のブラシやゴム製のチップなどを使ったクリーニングをします。最後はフッ素コーティングをして完了です。
痛みも全くなく、通常のクリーニングよりも念入りに1時間ほどかけて行うので、虫歯予防はかなり期待できます。

歯のクリーニングは予防歯科につながる

こういった歯のクリーニングに関する処置は、予防歯科の観点で考えられます。
虫歯になったら歯医者に行って削って治療してもらうのではなく、痛みがないうちから歯医者に行って虫歯の元となる歯石や着色汚れを完璧に取り除いてもらうことで虫歯を予防します。
通常の定期健診でもある程度歯のクリーニングはしてもらえるので、半年に一度くらいは受診し、歯をきれいにする意識をしてみてください。PMTCも、一回1万円前後と割とお手頃価格なので、半年か一年に一回くらいはしてもらっても良いと思います。
もちろん歯医者に任せきりではなく、普段の歯磨きは自分で丁寧に行う必要はありますが、こうしたプロの手に任せていくことも必要だと思います。


TOPへ戻る