歯の美白って何をするの?

いくつになっても歯は命

ホワイトニングだけではない、歯の美容のあれこれ

歯を白くしたいなあ、と思っても、中々歯科医院に行くまでに至らない方は割と多いのではないでしょうか。 理由としては、虫歯が見つかったら嫌だなとか、虫歯があるから行きたくないなど色々あると思います。 歯医者に行く勇気が出ないという方は、自宅でできるホワイトニングをしてみてはいかがでしょうか。

歯医者に行く前に、まずは出来ることをする

歯の美白といえばホワイトニングと考える方は多いと思います。
もちろんそれが一般的なのですが、歯の美容について考えると、他にも色々な方法があります。その代表的なものがセラミック治療です。
セラミックとは陶器で出来たもので、見た目が他の自分の歯とほとんど変わらないことが特徴です。しかも虫歯になりにくく、金属アレルギーの方も安心して使用できます。基本的に保険外治療になるので高額ですが、数年前から「セラミックハイブリッド」に限り保険適用になったそうなので、比較的身近な存在になってきたようです。ただ保険適用とはいっても、いくつか条件はあるのでその辺りは確認したほうが良いと思います。
歯の美容ということで考えていくと、美容歯科と審美歯科が専門になります。この2つは同じと考えている歯科と別に考えている歯科それぞれありますが、あえて違いを言うならば、美容歯科は見た目重視で審美歯科は見た目と中身も重視するという点です。見た目重視とはどういうことかといえば、全体のバランスを考えて、削る必要のない歯まで削ってしまうということです。健康な歯を失うということは、体の健康を失うことと同じと言っても過言ではありません。出来れば見た目も口内環境も考えて治療する審美歯科で治療されることをお勧めします。
どちらにしても、歯の美白ということを考えたとき、セラミック治療は欠かせません。金属に比べると強度には欠けますが、長く使える素材なので長い目で見れば良いと思います。

本格的に治療ではなくて、プロに歯磨きをしてもらう感覚で

オールセラミックとかそこまで大げさにするつもりはなくても、自分のケアには限界があるしやはり白い歯を手に入れたい、という願望は誰しもお持ちかと思います。 でもあまり何十万単位でお金がかかるのは避けたい、という場合は、少し気軽に保険外でクリーニングをしてもらうのはいかがでしょうか。

虫歯になったら歯医者に行くという考えはもう古い

昔は学校の歯科検診で引っかからない限り歯医者に行かないという方々も多かったのではないでしょうか。 何となく、歯の治療は痛いイメージが定着しているのでそうなってしまったのも分かりますが、今は定期検診を勧める歯科医院も増えてきています。痛くなる前に診てもらう、これが予防歯科の考え方になります。

TOPへ戻る